【トヨタ自動車に学ぶ意外な特許
 

トヨタ自動車の特許によると、操縦安定性能を向上のために、所定の箇所にアルミテープを貼るといった、意外なことでも特許になっています。御社の実務においても常識を疑うことで、思わぬところに特許のネタはあると思いますので、知財での保護をご一考下さい。

稼ぐ会社は知財にも抜かりがない
 

特許などの知財に対して敏感な企業は、利益率もよくなる傾向にあります。

開発段階から特許調査をして、他社の特許権を侵害しないようにしつつ、自社の技術の権利化を図っていくことが好ましいですね。

特許を出すなら意匠も考える

特許は技術思想を保護するものであり、意匠は物品の外観を保護するものです。
このように両者は別物ですが、物品の形状に技術的な意味を持つものがあります。
こういったものは、特許と意匠の両方で保護することが好ましいといえます。

ここでは、「SNS時代に商標登録をしない危険性について説明しています。

ここでは、「知財で稼ぐスゴイ会社について説明しています。

ここでは、「AFURIvs雨降 無効審判の審決はどうなった?」について説明しています。

ここでは、「おもSHIROい商標」について説明しています。

ここでは、「使用している商標は更新登録するべし」について説明しています。

ここでは、「AFURI商標について思うこと」について説明しています。

ここでは、「権利を主張しすぎると嫌われる」について説明しています。

ここでは、「弁理士が中小企業から求められること」について説明しています。

ここでは、「特許を他社に使ってほしいとき」について説明しています。

ここでは、「意匠の新規性喪失の例外規定の適用手続が変わる」について説明しています。

ここでは、「フェンディ(FENDI)ロゴについて」について説明しています。

ここでは、「理想ばかりを追求すると売れない」について説明しています。

ここでは、「業務に関係の無い特許は出すな」について説明しています。

ここでは、「商標の拒絶理由によっては安心することもある」について説明しています。

ここでは、「特許を出すときに意匠と商標での権利化も考える」について説明しています。

ここでは、「フロントエンドとバックエンドを作ろう」について説明しています。

ここでは、「特許は最後までいくと高いけど、とっかかりはそうでもない」について説明しています。

ここでは、「キーエンスにみる高収益体制」について説明しています。

ここでは、「スタートアップの資金集めと特許は似ている」について説明しています。

ここでは、「新規性があれば特許出願をする」について説明しています。

お問い合わせはお気軽にどうぞ

電話番号

0594-73-1145

お問合せは、お電話またはフォームにて受け付けております。

メールでのお問合せは24時間受け付けておりますので、まずはお気軽にご連絡ください。

受付時間:9:00~17:00
定休日:土曜・日曜・祝日

相談料金 30分6,600円(対面、Webカメラ等での個別対応時の費用)
弊所に出願又は調査を依頼された場合は無料