三重県、岐阜県、愛知県で、特許の出願・申請、意匠・商標登録をお考えなら、坂岡特許事務所にご相談ください。
地元、桑名市をはじめ、四日市市、鈴鹿市、津市、伊勢市、さらには岐阜県、愛知県からも多くのお客さまにご利用いただいております。

〒511-0947 三重県桑名市大仲新田543-2

お電話でのお問合せはこちら
0594-73-1145
受付時間
9:00~17:00
定休日
土曜・日曜・祝日

お問合せは24時間お気軽に!

ここでは、会社の発展に必要なもの その2として職務発明制度を説明しています。

ここでは、会社の発展に必要なもの その1として改善提案制度を説明しています。

ここでは、特許出願にはいくらお金がかかるのかを説明しています。

ここでは、この発明は「特許を活用した商売上手の話」と題して特許を上手く利用する経営の話をしています。

ここでは、この発明は「何処にもないの落とし穴」と題して事例を説明しています。発明したものが何処にもないときは、少し冷静になって検討する方が良いかも知れません。

ここでは、発明の活かし方は業種によって異なることを説明しています。発明を活かすか否かは経営者、管理職、現場のリーダー次第です。せっかくした発明です、活用して利益向上に繋げましょう!

ここでは、特許先行技術調査は、習った後に慣れる必要があることを説明しています。先ずは正しいやり方を学んで、次にそれを実践して慣れていきましょう。

ここでは、1日でも早く出願しないと他人に先を越されてしまうことを説明しています。

ここでは、先行技術調査はテキストでなく特許分類で行なうことを説明しています。

ここでは、先行技術調査の大切さを説明しています。

ここでは、出願前の発明を他人に喋ると良くないことを説明しています。

ここでは、発明を注意深く見ることによって思いもよらない良さを発見できる等を説明しています。

ここでは、のれん分けと事業譲渡の際に注意することについて説明しています。

ここでは、特許権を維持する期間について説明しています。

ここでは、しょぼい発明であっても特許出願した方良いかについて説明しています。

ここでは、大事なノウハウについて説明しています。

ここでは、従業員に活躍してもらう方法について説明しています。

ここでは、発明だけでは価値がないについて説明します。

ここでは、商標は簡単なのかについて説明します。

ここでは、簡単なものでも特許がとれるのかについて説明します。

ここでは、非弁行為によって企業が不利益を受けた例を説明します。

ここでは、特許を取得しておけばと思われる発明を紹介します。

ここでは、特許で成功した事例を説明します。

ここでは、特許で自社の技術力を向上させるにはについて説明します。

ここでは、商標と売り上げ向上について説明します。

ここでは、特許出願の効果として利益向上について説明しています。

ここでは、早く権利化する方が良い場合を説明しています。

ここでは、ゆっくり権利化したときの他社へのけん制と費用のメリットについて説明しています。

ここでは、出願から4~5年かけてゆっくり権利化するときのメリットを説明しています。

お問い合わせはお気軽にどうぞ

電話番号

0594-73-1145

お問合せは、お電話またはフォームにて受け付けております。

メールでのお問合せは24時間受け付けておりますので、まずはお気軽にご連絡ください。

受付時間:9:00~17:00
定休日:土曜・日曜・祝日