三重県、岐阜県、愛知県で、特許の出願・申請、意匠・商標登録をお考えなら、坂岡特許事務所にご相談ください。
地元、桑名市をはじめ、四日市市、鈴鹿市、津市、伊勢市、さらには岐阜県、愛知県からも多くのお客さまにご利用いただいております。

〒511-0947 三重県桑名市大仲新田543-2

お電話でのお問合せはこちら
0594-73-1145
受付時間
9:00~17:00
定休日
土曜・日曜・祝日

お問合せは24時間お気軽に!

特許出願の効果

特許出願による効果はあるのか?

 特許出願の効果はあるのか、どう活用するのか、元は取れるのか。これは、投資として経費をかけて特許出願する側とすれば、大いに関心のあることです。

 結論から申しますと特許出願の効果はあると言えばありますし、ないと言えばありません。

 これは、お客様が特許出願をどう活用するかで、その効果が決まってくるためです。特許出願をするだけで何もしなければ効果はありません。出願費用を無駄にするだけです。

 しかし、特許出願を上手く活用することで、出願費用を上回る効果を得ることができます。

 ここでは、特許出願による一般的な効果を挙げてみます。

対外的な効果

自社の技術力を客観的に知らしめる

一般的に、特許出願するには高度な技術力が必要です。

特許出願することにより、御社にこの技術力があることを周囲に知らしめることができます。

これにより、取引先から一目置かれる、金融機関から信用を得ることができるといった効果が期待できます。

他社への牽制

一般に、特許出願をした技術は他社が実施しにくい傾向があります。

これは、その技術が現在は「出願中」であっても、将来「特許」となるかもしれず、「特許」となったときに侵害をなることを嫌うためです。

このため、特許出願をすることで、他社に対する牽制をすることができ、場合によっては先行者利益を得ることもできます。

広告宣伝効果

既に述べたように、特許出願をすることで、自社の技術力を客観的に知らしめることができます。

そこで、特許出願中である旨を、製品パンフレット、包装材等に積極的に記載することで、顧客に対してこの製品は優れているとの印象を与えることができます。

これを利用して、単価アップも可能となる場合があります。

資金調達が容易となる

上記の様に、特許出願をすることによって、金融機関から信用を得ることができます。

また、ベンチャー企業においては、出資者に対しての説得力を増すことができます。

これらにより、開発・販売促進費用等の資金調達が容易となります。

社内的な効果

自社の技術力向上

特許出願に至るまで、その発明を何度も検討します。これにより、
様々なアイデアが生まれます。

例えば、特許出願に係る発明を核とする応用技術や改良発明などです。

また、改善提案制度を用いることで、従業員の多数のアイデアを抽出する仕組みを作ることができます。

自社の利益率向上

「特許で利益を上げる」でも述べているように、特許権を取得している企業の利益率は高い傾向にあります。

これは、特許出願をしていることを上手く活用して、販売促進活動や単価アップに繋げていることもあるでしょうが、やはり、自社の技術力が向上して、結果的に単価の高い仕事を受注できるようになるからではないでしょうか。

従業員の士気向上

特許出願に係る発明は、自然人(生身の人間)によってなされます。

この発明をした人を発明者と呼びますが、発明者は一般的に従業員です。

特許出願に係る書類には、発明者を記載しますが、出願後1年6月で公開される公開公報、及び特許の設定登録後に発行される特許公報にも、従業員の名前が発明者欄に記載されます。

このように、従業員の名前が公報に載ること、及びこの発明は自らがなしたと従業員が自覚することで、従業員の士気が向上します。

お問い合わせはお気軽にどうぞ

電話番号

0594-73-1145

お問合せは、お電話またはフォームにて受け付けております。

メールでのお問合せは24時間受け付けておりますので、まずはお気軽にご連絡ください。

受付時間:9:00~17:00
定休日:土曜・日曜・祝日

お問合せはこちら

お問合せはお気軽に

0594-73-1145

お気軽にお問合せ・ご相談ください。

代表者プロフィール

坂岡 範穗
資格等

平成20年 弁理士試験合格
平成23年 弁理士登録をして桑名市に事務所を設立
現在に至る

中小企業のための特許事務所をモットーとしておりますのでお気軽にご相談ください。

ご連絡先はこちら

坂岡特許事務所

お電話でのお問合せはこちら

0594-73-1145

〒511-0947
三重県桑名市大仲新田543-2